Interesting Story

Player Interview Indexへ戻る
No.51 2016年7月 PDC TOKYO DARTS MASTERS 2016-2
Chief Executive Matthew Porter インタビュー。昨日の試合でも、日本人プレイヤー達は慣れない厳しい舞台の上で、最高のプレイをするために必死で踏ん張りました。近い将来、彼等は必ずもっとレッグを獲れる様になり…。
No.50 2016年7月 PDC TOKYO DARTS MASTERS 2016-1
Gary Anderson 優勝インタビュー。勿論ご機嫌ですよ!まあ、ダーツではいつもそうですね。負ければ落ち込むし、勝てば本当に嬉しいです。ここ何ヶ月かは調子が少し落ち込んでいたので、また勝てて良い試合も出来たので、最高の気分です。
No.49 2016年9月 one80 日本上陸
新しいアイデアを取り入れているので全国ダーツバーにとっても大いに参考になることだろう。スタッフの今野さんが閉店から開店までの、その熱い思いを書いていただいた。どのお店にとってもたいへん参考になることだろう。
No.48 2017年3月 Y'S SPEC NEW OPEN
新しいアイデアを取り入れているので全国ダーツバーにとっても大いに参考になることだろう。スタッフの今野さんが閉店から開店までの、その熱い思いを書いていただいた。どのお店にとってもたいへん参考になることだろう。
No.47 2017年3月 フィル・テイラー 引退発表
フィル・テイラーが今年限りでの現役引退を発表した。ついにこの時がきてしまったか…と、寂しい気持ちになった。しかし、もう限界にきてしまったようだ。いや、とっくに限界は過ぎていたのかもしれない。
No.46 2014年5月 チームメイトとして本当に光栄
僕にとってフィル・テイラーはこの先も変わることのない世界一の選手だと思います。フィルからポスターをもらったんですが、それには直筆で『バディ』と書かれていました。選手としてモチベーションも上がっている状態ですね。
No.45 2013年1月 ダーツを学校の部活動に
ユース世代の人口を広げることによって、少しずつ世界の扉に手をかけられる選手も増えてくるだろうと思います。子供達に夢を広げるお手伝いをしながらみんなでダーツをしていければいいですね。
No.44 2009年3月 急速にお洒落になった時代
ダーツ関係のグッズはいろいろな歴史をたどってきたが、この頃の成長はめざましいものがある。よりお洒落に、より機能的に、革新的に変化した時にダーツケースを特集した。世界でもこれほどにスタイリッシュなケースはなかなかないことだろう。
No.43 2016年7月 新天地にてバレル発表 MONSTER 粕谷 晋
僕はあまり知らなかったんですけど、元世界チャンピオンだったプレイヤーや、決勝の舞台に上ったことのある選手なども受けていたようです。現地の選手達もランキングから外れてツアーカードが無くなるとまた受けるという形を…。
No.42 2016年7月 新天地にてバレル発表 TARGET 野毛 駿平
僕はあまり知らなかったんですけど、元世界チャンピオンだったプレイヤーや、決勝の舞台に上ったことのある選手なども受けていたようです。現地の選手達もランキングから外れてツアーカードが無くなるとまた受けるという形を…。
No.41 2016年7月 新天地にてバレル発表 DYNASTY 安食 賢一
僕はあまり知らなかったんですけど、元世界チャンピオンだったプレイヤーや、決勝の舞台に上ったことのある選手なども受けていたようです。現地の選手達もランキングから外れてツアーカードが無くなるとまた受けるという形を…。
No.40 2016年7月 新天地にてバレル発表 TARGET 村松 治樹
僕はあまり知らなかったんですけど、元世界チャンピオンだったプレイヤーや、決勝の舞台に上ったことのある選手なども受けていたようです。現地の選手達もランキングから外れてツアーカードが無くなるとまた受けるという形を…。
No.39 2016年1月 PDC Q-SCHOOL 挑戦
僕はあまり知らなかったんですけど、元世界チャンピオンだったプレイヤーや、決勝の舞台に上ったことのある選手なども受けていたようです。現地の選手達もランキングから外れてツアーカードが無くなるとまた受けるという形を…。
No.38 2016年1月 マジシャン ダーツ界に参入 金森 駿介
コインマジックの技術の中で指先の上でコインを転がすコインロールというのがあります。ギネス記録を更新したんですが最初は2007年でした。この時は一分間に62回という記録を出して、2009年はそれを更に更新しました。
No.37 2016年1月 Deepit. ダーツレッスン最前線
簡単に言えば一般のスクールと同じことを、普通のことをやりたかったんです。例えばサッカースクールやテニススクールはちゃんとした場所があって、生徒さんがいつでも利用できる環境です。
No.36 ポスターデザイン 2008年
時々ポスターデザインを集合させてみるとなかなか奇麗な出来映えだ。日本のダーツの歴史も着実に長くなって来ているが、それにトーナメントは大きく貢献、まさに土台と言っていいだろう。参加した人にとっては懐かしい。
No.35 2007年9月 若い二人の現役PDC選手 来日
若いフレッシュなPDC現役選手2名が来日した。その二人はPDCランキング75位Jelle Klaasen選手と45位のMichael van Gerwen選手。東京と松山で数日間の滞在で短い期間だったが、松山ではパーフェクト第七戦に参加…
No.34 2007年7月 英国ターゲット 日本上陸
昨年、突然市場に現れた「ターゲット」というブランド、皆さんはもう目にしただろうか?パッケージやバレルのデザインをよく見ると、かなりスタイリッシュ。それもそのはず、実はこの会社は今まで世界の多くのバレルを…
No.33 2007年7月 ポール・リム DMCと契約
実ったら凄いニュースだなと思っていたが、ついにポールがDMCと正式契約した。長らくバレルメーカーとスポンサー契約のなかったポールだけに、重大な決断だったと思われる。よく考えてみると、これはかなりの相思相愛。
No.32 2006年11月 JOKER DRIVER DARTS
最近は国産ダーツが巷では大変な人気、ショップでもプレイヤーでも新作が発表されるとその話題でもちきりだ。そんなダーツ界で新たなブランドが立ち上がるというニュースが入ってきたのは2006年初夏…
No.31 2006年9月 DMC GALLERY OPEN
DMCが世界でも初の試みとしてダーツギャラリーをオープンした。DMCの全ての商品が試投でき、ギャラリーのみでしか触れない貴重な品々も多く、写真からも分かるように本当にスタイリッシュだ。
No.30 2006年9月 ボブ・アンダーソン ジョン・ロー 来日
いやあ。驚いたね。こんなにたくさんのダーツバーが日本、しかもこの関東地域だけであるんだね。もっと増えることに期待する。どこも活気があって、しかも個性があってとても楽しかったよ。
No.29 2006年7月 スティールダーツボード紹介
日本はダーツというとソフトが最もポピュラーにプレイされているが、最近スティールに興味を持つプレイヤーも増えてきた。そこで世界4大メーカーのダーツボード紹介することにした。競技用、練習用など様々…
No.28 2006年7月 PUMA JAPAN OPEN
2006年6月25日(日)第32回目のジャパンオープンが開催された。会場は神奈川県横浜市アートホール。この大会のポイントによって今年の9月にマレーシアで開催されるアジアカップの代表が決まるという重要な試合。
No.27 2006年7月 ユニコーン トーナメント 2006
またもやもの凄い数のプレイヤーが横浜に集結した。このパシフィコ横浜会場もすっかりお馴染みになったが、世界のダーツシーンから見てもこの光景は圧巻だろう。ユニコーン・トーナメントは特に日本のダーツプレイヤーの底上げに…
No.26 2006年5月 ますますお洒落になるダーツケース
この頃のダーツケースは本当に進化していたと思う。トップダンサーにモデルをお願いして撮影した。ダーツアクセサリーは進歩の道の辿るばかりだが、ケースの特集をすると実にその時の世相を反映している。
No.25 2006年5月 ダーツアンケート
久々のダーツアンケート調査。今回は4月2日に行われた「ADAJ Tournament 1st Stage KOBE」の会場に集まったプレイヤーにご協力をお願いした。回収した数は205枚、主に関西・中国・四国地方及び近県のダーツプレイヤー。
No.24 2006年5月 I.C.S.国際交流大会
昨年に続きソフトダーツ国際交流試合が4月4日、東京都新宿の東京厚生年金会館で開催された。この企画は日本ソフトダーツ協会(J.S.D.A.)を中心に各スポンサーが集まり催されたもので…。
No.23 2006年1月 ハロウズ チーム 来日
英国で長い間プロダーツプレイヤーとして成功してきたエリック・ブリストウ氏、新星のごとく現れたマーク・ダドブリッジ氏、そしてハロウズ社長のロバート・プリングル氏に率直な質問をぶつけてみた。
No.22 2006年1月 トーナメント ポスター デザイン
トーナメントが増え、大会も大きくなると集客するためにはポスターデザインが重要な鍵になる。2005年だけでもこれだけのデザインがラインナップ。さぞ多くのデザイナーたちが腕を競い思考を凝らしたことだろう。
No.21 2007年5月 MJ ユニコーン トーナメント 2007
ユニコーン契約選手でアメリカを代表するレイ・カーバー選手が来日した。両日共にイベントに参加、その実力を日本の多くのプレイヤーに見せつけた。初日はまずユニコーンプレイヤーの武田選手とのエキシビジョンマッチ。
No.20 2005年7月 Vol.14 湘南レディーストーナメント
『もっと女性プレイヤーの方々にダーツを愛してもらいたい、目標や意識を向上して頂きたい』そんな願いのもと、全国であまり例のない、100人を超える女性プレイヤーのみのシングルストーナメントを開催させて頂きました。
No.19 2005年11月 Vol.16 メダリスト USA 2005
アメリカで最大のダーツ・トーナメント、ザ・メダリスト・ワールド・チャンピオンシップは賞金の高額化以上のものを大会に与えてきた。本当に一流のイベントであるかについて疑念を抱く方は、406、460ドルという賞金額と…
No.18 2005年9月 Vol.15 各社よりダーツケース販売開始
ソフトダーツブームが始まり数年すると各社が競って商品を出し始めた。その中でもダーツケースはバラエティーがあり楽しいグッズ…。アメリカの大会でも話題になっていたことを思い出す。
No.17 2005年9月 Vol.15 ダーツオリンピック種目の可能性
BDOにとっては重要なニュースが続いた日々だった。まず、英国及び北アイルランド地区のスポーツ協議会が、ダーツをスポーツとして認定することを全員一致で決めた。そのわずか2〜3週間後には、ロンドンが2012年のオリンピック開催国に…
No.16 2005年9月 Vol.15 MJ TOURNAMENT 2005
2004年に続き、またMJグループが世界最大規模の大会を開催した。参加者は5千人を超し、日程は3日間。昨年はユニコーン社の契約プレイヤーである4名のPDCトッププロが来日したが、今回は新たに契約した3人が加わり、総勢7名。
No.15 2005年9月 Vol.15 アメリカダーツ事情
アメリカでダーツブームの兆しが見え始めたのは、1970年代後半から1980年代の前半にかけて。ブームの加速とともに、ルールやトーナメントの統一化が必要とされるようになり、1976年ようやくアメリカダーツ協会(ADO)が生まれた。 
No.14 2005年7月 Vol.14 サイパン情報
サイパンと聞くと、まず、ほとんどの日本人はマリンスポーツを思い浮かべるでしょう。しかし、この島にはもうひとつ、夜の顔があります。あまり知られていませんが、サイパン島内には現在20件以上のダーツバーがあるのです。
No.13 2004年11月 Vol.10 マイダーツ研究
ダーツ用具の科学と共に歩んできた進歩の道も、そろそろ完成形に近づいている。ダーツの上達の道は、まずマイダーツを持つこと。長いダーツの歴史の中で様々な変遷を経てルールの改正が行われ現在に至った。それと共にダーツにおいても…
No.12 2004年3月 Vol.7 ダーツ アンケート調査
ダーツプレイヤーはますます増加の一途を辿っていますが、一体どのような人達が何を思い、どんなスタイルでプレイしているのでしょうか?3月28日に開催された湾岸トーナメントにおいて、本格的なダーツアンケートを行いました。
No.11 2004年6月 Vol.8 プレイヤー集合
4人のプレイヤーがダーツのヒントを語る。登場するのはJinto Kanemoto、Yoshikazu Kudo、Shigenori Okubo、Yachi Taro。
No.10 2004年3月 Vol.7 プレイヤー集合
5人のプレイヤーがダーツのヒントを語る。登場するのはArashi Matsumoto、Hideaki Hoshino、Kenichi Ajiki、Kiyotaka Koguchi、Mitsuhiro Senuma。
No.9 2004年2月 Vol.6 プレイヤー集合 後編
5人のプレイヤーがダーツのヒントを語る。登場するのはMasatoshi Yoshinaga、Naoki Shinohara、Naomasa Sato、Takao Tanida、Yoshifumi Nomura。
No.8 2004年2月 Vol.6 プレイヤー集合 前編
5人のプレイヤーがダーツのヒントを語る。登場するのはAkifusa Sakamoto、Eiji Komori、Keisuke Iwata、Kentaro Ito、Masaru Kizu。
No.7 2005年5月 ダーツが英国でスポーツ認定された
最近、話題になるイギリスでのダーツ=スポーツ論争だが、ここに来ていくつかの大きな動きがあったのでお知らせしたい。PDCのスターたちがビッグベン、イギリス国会でエキシビションを行なったのが始まりだった。
No.6 2005年1月 MEDALIST JAPAN CUP 2004
2004年11月27日28日、日本のダーツの歴史に新しいページが加わった。
これほどの豪華メンバーが一同に揃い、さらにソフトに参加したということはない。
まさに日本のダーツ界にとって、画期的な試みだったという表現が当てはまる。
No.5 2004年11月 英国からプロプレイヤーがやって来た 後編
疲労と共に、二人のいろいろな面が現れ始めたのも、この頃ではなかっただろうか。
お酒が入ると二人は言い合いを始めてしまった。周りの方々は少々心配…。
実は彼らはエキシビジョンを行う際のプロのあるべき姿を論じていたのだった。
No.4 2004年11月 英国からプロプレイヤーがやって来た 前編
世界最高峰のダーツのプロが所属するPDCのトッププロ、二人が日本の各地を巡る。
日本のダーツプレイヤーと触れあった10日間、涙あり、笑いあり、 それはどんなダーツ旅だったのか…。前半は東京から名古屋まで。
No.3 2004年11月 Barry Twomlow氏 逝去…
最近はダーツトーナメントを開催するとマナー問題などでトラブルも多いと聞く。
この人物にダーツの心得、礼儀について語っていただこうと電話をすると家族の方から突然の悲報を聞くことになった。本当に惜しい人物が…。
No.2 2004年9月 ダーツボードについて
ハードダーツをプレイするに当って必要不可欠なのがダーツとダーツボード。
ここでは一方の立役者、ダーツボードについて詳しく解説してみよう。現在のスタンダードボードの形が出来始めたのが18世紀頃で、進化を続けながら今に…。
No.1 2004年9月 ダーツの起源そして今の状況…
最近人気急上昇とはいえ、日本人にとってはまだまだ新しいスポーツであるダーツ。
だが世界的に見れば、ダーツ人口は2000万人ともいわれ、古くから多くの人々に愛されてきたスポーツなのだ。そこで歴史を紐解いてみると、まるで文化学。
ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive maeshima gsd MONSTER BARRELS DESIGN strato
▲PAGETOP