Special sakai

Sakai Report Indexへ戻る

ダーツヤドットコム,だーつやどっとこむ,だーつ屋どっとこむ,サカイレポート,ダーツ ワールドカップ,wdf world cup

No.2 2011年10月 WDF WORLD CUP

9月21日~24日にアイルランドで開催された

World Cup

 今回は9月21日~24日にアイルランドで開催されたWorld Cupについて書きたいと思います。ダーツにWorld Cupが有る事を初めて知ったなんて人も多いんじゃないでしょうか?ハードダーツの大会で、WDF(World Darts Federation)により2年に1度開催されています。WDFはサッカーで言えばFIFAみたいな団体ですね。今回のWorld Cupは世界から38ヶ国が参加。

 

 

 日本代表はJSFD(Japan Sports Federation of Darts)のツアーのポイント上位者から選抜されます。

 今年の日本代表は、清水浩明、佃賢吾、後藤卓也、石田博生、大久保亜由美、大内麻由美の6名。スポンサードしている清水浩明が出場する為、私も付き添いとしてアイルランドまで行ってきました。他に日本チーム団は、JSFD会長のBayard Raphael Brickさん、毎回参加しているミレーノツアーの上田豊さん、USAGI BOSSの河田慎弥さん、L-Style社長の芹澤甚太さん。

 残念ながらアジアからの参加は日本だけ。日本以外のアジアではまだダーツがマイナーで、団体が選手を派遣するお金が無いようです。やはりダーツはヨーロッパ、特にイングランドが中心でアジアのダーツはまだまだなんだと痛感します。

 今回のWorld Cupはアイルランド首都ダブリンから、バスで3時間ほど行ったホテルで開催されました。森の中に1軒だけぽつんと建っていて、いかにもヨーロッパの建物って感じの趣の有るホテルでなんですよ。リゾートホテルなんですが、敷地内にグラウンドがあったりして、スポーツイベントも請け負っていそうなホテルです。


 大会前日には夕方から開会式が。開会式は挨拶や紹介がおこなわれ、メインの各国チームの紹介に。各国の選手団が紹介され、先頭の人間が国旗をもってステージに。私も日本チームのメンバーとして名前を呼ばれたのですが、入場には参加せずにステージ下から撮影していました。流石に1時間以上の長い入場式で、後半はだらけムードでしたが、最後ホスト国のアイルランドの入場の時はスタンディング・オベーションです。非常に華やかな雰囲気の開会式でした。

 初日は女子がダブルスの予選で、男子が団体戦の予選。ロシアと同じロビンだったのですが、Anastasia Dobromyslovaがパンフレットに写真は有るのに出場できず。亜由美や麻由美ちゃんがAnastasiaと勝負する所見たかった。そうなるとロビンの中では負けそうな相手はいませんでしたね。しっかりと全勝で予選を通過。

 男子の団体戦が面白いルールでした。各チーム4人で、シングルスで1レッグずつ総当り戦をするんです。合計で16レッグですが、どちらかが9レッグを勝つとそこで終了に。8-8になると代表1名を選抜して決勝戦をするんですよ。日本チームは初戦のイタリア戦が非常に硬かった。全員が初のWorld Cupで緊張していたんでしょう。勝てる相手でしたが初戦を落とし、強豪U.S.A.にもわずかに及ばす、2勝2敗で予選敗退。最初だったなあ。


 2日目は女子がダブルスの続きで、男子がシングルス。女子はスコットランドに接戦の末勝つも、続く試合で強豪ウェールズに惜しくも3-4で敗退。いい試合していましたね。勝つチャンスあったんだけどな~。Best8です。

 男子は清水の試合を全て見ていたんですが、2週間前のWorld Mastersも精彩が無く、前日もあまり良い感じがしない。このままWorld Cupが終わっちゃうんじゃないかと心配していました。この日の初戦も悪いなりに拾った試合だったのですが、2試合目で地元アイルランドの選手とやった試合で爆発しました。最初のレッグを160をアウトして取ると、相手もスイッチが入ってくる。140の応酬があったり、お互いに130残りを決めたかと思えるようなダブルを打ったり、凄い試合でした。最後は清水が4-2で勝つのですが、アイルランド人からも拍手がおこり、お互いの応援団が握手をするような素晴らしいダーツでした。ここからは清水もいいダーツをしていました。Best32でウェールズの選手と対戦。それが普通のおっちゃんなのに入れる入れる。アベレージで90前後は出ていたと思います。清水の方も気持ちを切らさずに、80以上は打っていたと思うのですが、仕方ないと思える程の打たれっぷりで1-4で敗退。

 

 同じ頃、後藤君も同じウェールズの選手に見事に打たれたそうで敗退。この日はウェールズにやられましたね。これが世界の壁なのか?と思ってしまう程強かった。

 3日目は女子がシングルスで、男子がダブルス。この日は麻由美ちゃんが良かった。ステージいけるんじゃないかと思いながら応援していました。Best8まで勝ち進みフィンランドの選手と対戦。隣ではTrina Gulliverが試合をしていて、これに勝つと準決勝でTrinaと。しかし、何故かこの試合だけらしくない内容で敗退。Trinaと試合するところ見たかったなあ。

 男子のダブルスは3日目って事で、全員いいダーツをしていました。ただ、それでも勝てないのが世界の壁なんでしょうね。後藤・石田がBest32で強豪オランダに負け。清水・佃もBest16でスコットランドに敗退。佃がハイオフ決めたりしていいダーツしていたんだけど、フルセットの末最後は16ダーツで決められました。日本チームの日程はここで終了。うーん、悔しい。


 4日目は全ての決勝戦がステージ上でおこなわれました。ユースの男子シングルス以外は、全てイングランドの選手が優勝。圧倒的強さでしたね。当然総合優勝も男女共にイングランドです。日本チームは男子が総合14位、女子が総合5位。男子は初戦のイタリア戦が全てでしたね。もっと上に行けたと思います。女子はヨーロッパの強豪国を押さえて5位ですから頑張りました。

 最後は閉会式。再び全ての国の選手が紹介されながらステージに。この間はもう会場中で記念撮影会。ユニフォームを交換している選手も多数いました。私も男子シングルス優勝のScott Waitesと記念撮影をしてもらいました。彼は今年のWorld Mastersも優勝しているので、BDOでは今一番のっている選手といえるでしょうね。

 

 World Cupは本当に夢のような5日間でした。プロの大会とは違った華やかさがあり、ダーツのお祭りのようでもありました。選手達は試合中はもちろんピリピリしていますが、それ以外の部分では非常にフレンドリーでしたね。World Cupは全ての選手関係者が同じホテルに泊まっているので、試合以外の時間は他国の選手と交流する機会が沢山ありました。試合の待ち時間だけでなく、朝食の時間や、夕食後BARに集まってビールを飲みながら語らったりダーツをしたり。閉会式まで有る為、負けた選手も帰らずにホテルに滞在しているWorld Cupならではの光景ではないでしょうか。

 

 3日目の夜に翌日シングルスと団体戦の決勝戦を控えた、イングランドのScott WaitesとBARで話す機会が有りました。ジョークを言っているんでしょうが、残念な事に全く何を言っているかわからない。英語が出来ないと駄目だなあと痛感しました。ダーツの事で色々と教えて欲しい事が有るんですけどね。他の日本人も多くの人が英語が出来ない為、その辺では苦労していましたね。ただ、唯一のアジア人ですので覚えてもらえ、話しかけてもらえる事は多かったかな。やっぱり英語勉強しようかなと、海外は行く度に思いますね。来年はWorld Cupが無く、Asia Pacific Cupがオーストラリアで開催されます。

ダーツ屋どっとこむ よろしくお願いいたします
ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP