News & Information

世界でダーツトーナメント満開 大忙しのダーツ界

 日本は全国が毎日危険なほどの猛暑でたいへんですね。皆様もお身体にご自愛を!7月最後の週は世界でダーツ大会が開催され、大忙しでした。どの結果に注目していましたか?

 7月27日土曜日、JAPANが北海道で開催され大城正樹が3連覇、鈴木未来は5勝目を飾りました。両選手共に強いですね。素晴らしいと思います。試合後に大城とやりとりしましたが本当に成長したな、と感じました。ロングインタビューを企画しています。

 同日にPDC Asian Tourが香港でStage9、ポール・リムが優勝、翌日Stage10では山田勇樹がAsian Tour初優勝、おめでとうとメッセージを送ると本当に嬉しそうな返信がありました。来年のQ-Schoolの挑戦を誓っていましたが、彼はもし受かったらすぐにでも英国に行っちゃいそうですね。PDCに本気で挑戦するならば英国に住んでじっくりと弊誌は10年以上前から言っていますが、期待したいです。

 7月28日にはPERFECTが大阪で開催され鈴木康太が優勝しました。今年も19戦まで終了しましたが、まだ16戦を残しています。

 そしてJSFD主催のJAPAN OPENが東京で開催され、Mensシングルス 優勝 饗場克也、準優勝 小川祐一郎、Womensシングルス 優勝 大内麻由美、準優勝 Kin Hyojin、Youthシングルス 優勝 末繁策杜、準優勝 Kim Lebbingとなりました。この日の結果をもって2018-19年度シーズンが終了し、10月にルーマニアとイギリスでそれぞれ行われるワールドカップとワールドマスターズの代表は下記の通りに決まりました。

 

■ 男子ワールドカップ代表
饗場克也
外筬久人
小川祐一郎
丹治博

■ 女子ワールドカップ代表
鈴木未来
斎藤尚美
亀尾さや香
大内麻由美

■ ユースワールドカップ代表
男子
末繁策杜 中村周作
女子
井出桃夏 内藤光希

 

● 男子マスターズ代表
饗場克也(総合1位、Japan Open Winner、West Japan Winner)
外筬久人(総合2位)
小川祐一郎(総合3位)
辻裕充  (総合4位)
※Japan Open,West Japan優勝、総合1位は饗場選手が重複のため4名

● 女子マスターズ代表
大内麻由美(Japan Open優勝)  
佐藤かす美(West Japan Winner)
鈴木未来(総合1位)
平柳智子(総合2位)
齋藤尚美(総合3位)
亀尾さや香(総合4位)

● ユースマスターズ代表
末繁策杜(Japan Open優勝)

▲ 代表選手の皆さん、頑張ってください。

 

 そして7月28日にはPDCの選手の誰もが出場したい!優勝したい!と願うマッチプレイが英国のブラックプールで開催され、ロブ・クロス 18-13 マイケル・スミスでクロスがスミスの猛追を振り切り優勝しました。彗星のように登場してから確実に進歩しています。これでワールド・チャンピオンシップとマッチプレイ両方のトロフィーを持つ4人目の選手になりました。フィル・テイラー、マイケル・ヴァン・ガーウェン、ギャリー・アンダーソンの仲間入りです。凄いことです。インタビューをお願いしようかな?でも多くを語らない人だからなぁ…。

 

 

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP